即日キャッシングならオレが選んだ消費者金融4選で決まりだ

MENU

即日キャッシングでホントに使える消費者金融まとめ

即日キャッシングをしたいなら、本当に即日審査・即日融資をしてくれる消費者金融を選ばないとダメだ。

 

まぁ、基本的に誰でも知っている大手であれば問題はあまりないが、適当な中小規模の消費者金融には手を出さないほうが賢明なのは言うまでもない。

 

即日審査しまっせ!とうたっていても、実際の融資は翌日、という話もあるのだ。

 

当サイトでは、オレが選んだホントに即日キャッシングで使える消費者金融を4つに厳選しているので、ぜひ参考にして欲しい。

 

どこも大手だから、初めてキャッシングをする人でも怖がる必要はないぞ。

即日キャッシングは圧倒的に使い易くなった

即日キャッシングを利用する大きなメリットは、やはりなんと言っても、そのスピーディさ。

 

早ければ申し込みを行ってから1時間以内、遅くても翌営業日には融資を受けることができるのだ。

 

日常では、急にお金が必要となる事態が発生することも珍しくないが、それが数万程度であっても、友人に借金を頼むことはしない方がいいぞ。

 

人間関係というのは「お金」と「異性関係」で壊れる事が圧倒的に多いのだ。

 

お金を貸してくれ!と頼んだ時点で、あなたの信用は、その瞬間からほぼゼロになったと考えるべきだ。

 

しかし、即日キャッシングを利用すれば、大事な人間関係を壊すことなくお金を工面できる。

 

貸金業者だってビジネスとして利子をつけてお金を貸している。

 

向こうとしては「お客様」にお金を貸したいし、こちらとしては「今日中にお金を借りたい」という双方にとってWinWinの関係なのだ。

 

キャッシングを利用しても信用情報は問題ない

返済ができなくなるというのは問題外だからキャッシングをしてはダメだが、ごく普通の人でお金が足りないときに即日キャッシングを利用するのは何ら問題はない。

 

普通に借りて返済ができるのであれば、信用情報に傷が付く事もない。

 

第一、キャッシングをした時点で信用情報に傷がつくのであれば、この日本には1000万人以上も傷を抱えた人がいることになる。(キャッシング利用者は1000万人とも言われているからだ)

 

日本国民の1割もの人が信用情報に傷を抱えているなら、クレジットカードだって住宅ローンだって組む事なんてできやしない。

 

返済に遅れるのはダメだが、普通に利用する分には問題ないから安心してくれ。

 

借金が誰かにバレる事はない

ねぇ、聞いた?●●さん、消費者金融から借金しているみたいよ??

 

なんて、会社の給湯室で噂をされる心配もないので安心してくれ。

 

返済に遅れても、会社に「借りた金、返さんかい!コラァ!!!」と電話が掛かってくることもない。

 

ただし、段階を踏んで返済を迫る連絡をシカトするのは止めた方がいいが。

 

今は即日キャッシングでも振込みに対応しているし、たとえ無人機に行く場合でもそれなりの配慮はしてある。

 

都会であれば、雑居ビルの2階に消費者金融の無人機が入っていたり、郊外でもきちんと目隠しパネルがあるし、心配なら車を少し離れた所に停めておけばいい。

 

とにかくキャッシング会社も「借りてもらってナンボ」の商売なので、バレるリスクにはきちんと配慮をしているのだ。

 

無利息サービスの消費者金融

即日キャッシングに強い消費者金融を利用する際にネックになるのが、ズバリ「金利」という人も多い。

 

しかし今日お金が借りたい!という欲求には勝てず、高い金利でも即日融資をしてくれる消費者金融を選ぶのだ。

 

ただ、即日キャッシングに強いところでも、お得な無利息サービスをしている業者を選べば金利負担は大きく減らせる。

 

その代表例が、アコムとプロミスだ。

 

数万円程度の小口融資で、次の給料日に返済できるなどという確実な当てのある人にとっては、銀行などからお金を借りるよりも確実にお得と言える。

 

スピーディに借りられる即日キャッシングは、返済もスピーディにすれば、それだけ利息の払いも少なくて済むのだ。

 

来月の給料の前借りという認識で、借りたお金はスグ返すというのであれば、迷わず無利息キャッシングを選ぼう。

即日キャッシングをする際に知っておきたい事

平成22年6月に「改正賃金業法」が完全施行されるようになった。

 

この法改正によって、現在のキャッシングは昔と比べ様変わりしたのだ。

 

詳細を見る前に、なぜこのような法改正が行われたのかをざっと解説しよう。

 

バブル崩壊後やリーマンショック、悪化する景気が影響し、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融などのカードローン融資を受ける人は年々増え続けている。

 

このニーズに対し、クレジットカード会社を始め各種の金融機関は、個人が簡単に受けられる融資を展開してきた。

 

ところがその為に、返済能力を超えたキャッシングやローンで多重債務を抱えたりカード破産したりする人が急増したのだ。

 

それだけならまだしも、こうしてクレジットカードの使用や融資が望めなくなり、追い詰められた挙句、いわゆる闇金融に頼ってしまうケースも多発した。

 

闇金融は、一般の金融機関と比べ審査も緩く、手軽に貸し付けをしてくれるのが特徴だ。

 

つまり入り口の敷居が格段に低い。いや、敷居が無いといっても間違いではない。

 

ヤミ金では法律のグレーゾーンを利用した高い金利を課すことも多く、返済ができず借金地獄にはまる人達も増え、社会問題となっていたのだ。

 

そして暴力団の資金源になっているケースが多いのも問題であった。

 

こうした社会問題を減らすため、政府は法改正に乗り出したというわけだ。

 

法改正で変わった事

今までは、金融機関は融資に最高29.2%の金利(いわゆるグレーゾーン金利)が設定できたのだが、新たな法律では金利上限が20%となった。

 

また、違法業者にもより厳罰が課せられるようになっているのも特徴だ。

 

こうしてみると、一見、キャッシング利用者には”優しい”法律改正が行われたように思われるが、そうではない。

 

キャッシングによるお金の借り過ぎを防止するため、借り入れ総額は「年収の3分の1まで」に制限する法規制も入ったのだ。これを総量規制とよぶ。

 

補足だが、この総量規制は貸金業法の中の法律である。

 

その為、貸金業法とは関係のない「銀行法」で統治されている銀行からの借り入れは対象とはならない。

 

消費者金融と信販系の借り入れ上限を定めた法律という認識をしておこう。